ホームページ、大幅修正中です

住所:埼玉県吉川市平沼273番地   Tel:048-981-6516   営業:9:00~19:00   休日:日曜・祝日(金曜 16時まで)    予約状況 WEB予約 

【通信】「腰をひねる」の注意点!

「腰をひねる」の注意点!

日常生活で、

腰をひねる動きがある方は

ご注意ください!

 

身体の使い方を間違えていると

腰痛の原因にもなります。

 

腰の動きを考える

まずはイラストを・・・

<イラスト1>

 

上のイラストは腰の骨(腰椎)を

後ろから見ております。

 

腰は5つの骨が積み重なっていて

黄色い矢印の骨が第1腰椎

赤い矢印の骨が第2腰椎です。

 

第1腰椎の黄色い部分を

第2腰椎の赤い部分が

挟み込んでいます。

下の方の骨も同様です。

 

…、そうなんです!

腰椎は、下の骨が上の骨を挟み込み

左右に動けないような形になっているんです。

 

このため、腰椎の可動域は

それぞれの関節で1°

腰椎全体で5°程度と

言われております。

 

・・・

「けど、腰ってひねれるよ?」と感じた方!

確かにそうです! ひねれるんです。

 

例えば、車の運転中

バックするのに後ろを向く動作とか!

 

そこで大切なのが次のお話です…。

 

ひねる動きは「胸郭」が大切!

また、続いてイラストを…

<イラスト2>

 

コチラは体幹を後ろから見た

イラストになりますが、

青い枠の部分が胸郭です。

 

この場所の動かせる範囲は

腰椎の約6倍!

 

腰椎の最大回旋動作が

5°なのに対し

なんと30°も動けます!

 

なので実は

「腰をひねる」という動きは

腰はなく胸郭で動き

腰はその補助をする程度!

 

また立位姿勢、

立っているときには

股関節の動きも意識すると

腰の負担は軽減されます!

 

股関節

<イラスト3>

 

<イラスト4>

 

イラスト1は左後ろから

イラスト2は左前から見た

股関節のイラストになります。

 

見やすくするため

靭帯は非表示にしました!

 

体幹部である骨盤側は臼状の形

足の骨である大腿骨側が球状の形で

関節を作っておりますので

関節の状態が良ければ

多方向に大きく動かせます。

 

この動き、

特にスポーツをされる方には大切となるのですが

身体全体をひねる時には

腰よりも、胸郭と股関節の動きを意識することが

非常に重要となってきます。

 

まとめ

結論として!

腰をひねる時は、

身体全体でひねる意識を持ちましょう♪

 

特に大切なのは胸郭と股関節!

腰の上と腰の下です♪

 

そこを気を付けるだけでも

腰痛の軽減や

歪みの改善につながる場合も

ありますよ♪

 

関連記事

  1. 【通信】ゆかに座るのは難しい?

  2. 【通信】ストレッチの前にぜひ!

  3. 【通信】猫背は息がしづらくなる?

  4. 【通信】“痛み”の種類と適応範囲

  5. 【通信】くしゃみの負担を上手に逃がす!