「来てよかった」「楽になった」という言葉と笑顔のために・・・

きしん整体院
埼玉県吉川市平沼273番地 048-981-6516
【営 業】9:00〜19:00
【休 日】日曜・祝日(金曜 16時まで)


お知らせ
【 2018年 】
・ 11月のお知らせ
・ 10月のお知らせ
・  9月のお知らせ
・  8月のお知らせ
・  7月のお知らせ
・  6月のお知らせ
・  5月のお知らせ
・  4月のお知らせ
・  3月のお知らせ
・  2月のお知らせ
・  1月のお知らせ
・ 年始のご挨拶
【 2017年 】
・ 年末のご挨拶
・ 年末年始、営業のご案内
・ 12月のお知らせ
・ 11月のお知らせ
・ 10月のお知らせ
・  9月のお知らせ
・  8月のお知らせ
・  7月のお知らせ
・  6月のお知らせ
・  5月のお知らせ
・  4月のお知らせ
・  3月のお知らせ
・  2月のお知らせ
・  1月のお知らせ
【 2016年 】
・ 年末年始の営業案内
・ 12月のお知らせ
・ 11月のお知らせ
・ 10月のお知らせ
・  9月のお知らせ
・  8月のお知らせ
・  7月のお知らせ

きしん通信 mini ♪
  < トップページ >
----------------------------------
・ お疲れレベルを意識する。
・ ぎっくり腰はクセになる?
・ 筋肉の固さと、ぎっくり腰の関係
----------------------------------
・ 「歪み改善」第一歩!
・ 寝起きで体が固まっている方へ
・ 体の固さと寝具の関係
・ 枕、布団を考える。
・ 寒暖差疲労にご注意を!
・ ボキボキ矯正は骨がなる?
----------------------------------
【番外編】寝違えの施術方針、修正
----------------------------------
・ 私が、寝違えてしまったら…
・ 「寝違え」の対処法!
・ 背骨を柔らかくする方法♪
・ こんなに胸を張っちゃうの?
----------------------------------
・ 腰をひねる動きの注意点!
・ ストレッチの前にぜひ!
・ 猫背は息がしづらくなる?
・ ゆかに座るのは難しい?
・ くしゃみの負担を上手に・・・
----------------------------------

営業カレンダー


きしんdeスマイル
会員募集中♪


上にもどる
不定期配信! きしん通信 mini♪


寒暖差疲労にご注意を! 2018.06.20

今回は寒暖差疲労による症状と対策についてのお話。


最近になって「テレビ」や「ネット」で耳にすることが多くなったのですが

皆様は「寒暖差疲労」という言葉をお聞きになったことはございますか?


寒暖差とは、生活空間の温度差の事!

この温度差が5℃以上開くだけでも、寒暖差耐性の低い方は疲れを感じやすくなってしまいます。

そして寒暖差疲労の疲れは 「肩こり」 や 「だるさ」 となってくるのですが・・・。


ではなぜ、寒暖差が疲労の原因となるのか・・・


人は暑さを感じると、汗をかいたり血管を広げる(拡張する)事で体内の熱を逃がそうとします。

反対に寒さを感じると、体をブルブルと震わせたり、血管を縮める(収縮する)事で、体温をあげようとします。

このような体温調整の働きを制御しているのが「自律神経」!


もちろん、室内と外気温や、夜の寝冷えなど、頻繁に寒暖差を感じる事が多ければ多いほど

それだけでもエネルギー消費はございますので、多少の疲れは発生します。

しかし、寒暖差疲労で更に大きな問題と言われているのは、自律神経の負担です。


体が、暑さを感じた際や寒さを感じた際に、体温調整を制御するのは自律神経!

この自律神経が寒暖差の大きさや頻度により、機能が低下し乱れることにより、疲れやすくなる。

寒暖差 ⇒ 自律神経の機能低下 ⇒ 自律神経の乱れ ⇒ 疲労 = 寒暖差疲労となるわけです。


寒暖差疲労の対策は・・・。


特に大切なのは首の後ろ側を温める事!

首の後ろを温める事で、首に通っている太い血管から血液が温まり、

その温まった血液が全身に運ばれることで、体全体が温まりやすくなります。

また、首の後ろを温めると自律神経が副交感神経優位となってリラックスできる効果も期待できます。


温める方法としましては・・・

・蒸しタオル、温熱シート、電子レンジ加熱で肩や首を温められる商品などを利用する。

・ネックウォーマーを持ち歩き、寒さを感じたときに利用する。

・炭酸ガス入りの入浴剤を利用した38℃〜40℃程度の湯船に、7〜8分、首までつかる。


どうしても最近は寒暖差の影響により、疲れを感じている方が多くいらっしゃいます!

ご自身に合った冷え対策で、寒暖差疲労を上手に乗り切ってくださいね!!


<追伸、1>

寒暖差疲労は当院施術の適応範囲となっております!

ご自身での改善が難しい場合は、お気軽にご相談下さい。


<追伸、2>

寒暖差疲労の根本改善には、体力アップが効果的!

運動不足気味の方は、適切な運動強度で運動量を増やすと効果的ですよ♪



< 参考サイト、1 >
 毎日新聞 プレスリリース 寒暖差に身体がついていかない「寒暖差疲労」とは? 季節別の対策 

< 参考サイト、2 >
 ウェルラボ 「寒暖差疲労」はこりやだるさにあらわれる!「首温活」で対策を