「来てよかった」「楽になった」という言葉と笑顔のために・・・

きしん整体院
埼玉県吉川市平沼273番地 048-981-6516
【営 業】9:00〜19:00
【休 日】日曜・祝日(金曜 16時まで)


お知らせ
【 2019年 】
・  1月のお知らせ
・ 年始のご挨拶
【 2018年 】
・ 年末のご挨拶
・ 年末年始、営業のご案内
・ 12月のお知らせ
・ 11月のお知らせ
・ 10月のお知らせ
・  9月のお知らせ
・  8月のお知らせ
・  7月のお知らせ
・  6月のお知らせ
・  5月のお知らせ
・  4月のお知らせ
・  3月のお知らせ
・  2月のお知らせ
・  1月のお知らせ
・ 年始のご挨拶
【 2017年 】
・ 年末のご挨拶
・ 年末年始、営業のご案内
・ 12月のお知らせ
・ 11月のお知らせ
・ 10月のお知らせ
・  9月のお知らせ
・  8月のお知らせ
・  7月のお知らせ
・  6月のお知らせ
・  5月のお知らせ
・  4月のお知らせ
・  3月のお知らせ
・  2月のお知らせ
・  1月のお知らせ
【 2016年 】
・ 2016年のお知らせ

きしん通信 mini ♪
  < トップページ >
----------------------------------
・ 腕を後ろへ動かす体操!
・ 腕が後ろに動かない原因
・ お疲れレベルを意識する。
・ ぎっくり腰はクセになる?
・ 筋肉の固さと、ぎっくり腰の関係
----------------------------------
・ 「歪み改善」第一歩!
・ 寝起きで体が固まっている方へ
・ 体の固さと寝具の関係
・ 枕、布団を考える。
・ 寒暖差疲労にご注意を!
・ ボキボキ矯正は骨がなる?
----------------------------------
【番外編】寝違えの施術方針、修正
----------------------------------
・ 私が、寝違えてしまったら…
・ 「寝違え」の対処法!
・ 背骨を柔らかくする方法♪
・ こんなに胸を張っちゃうの?
----------------------------------
・ 腰をひねる動きの注意点!
・ ストレッチの前にぜひ!
・ 猫背は息がしづらくなる?
・ ゆかに座るのは難しい?
・ くしゃみの負担を上手に・・・
----------------------------------

営業カレンダー


きしんdeスマイル
会員募集中♪


上にもどる
不定期配信! きしん通信 mini♪


腕を後ろへ動かす体操!(動画付き♪) 2019.01.10

今回は、『 腕(うで)を後ろへ動かす体操 』 についてのお話です。


最初に、体操をして肩を痛めないために注意点をお話させて頂きます!

・安静時に痛みがある時はしないでください。

・最初は無理をせず、出来れば体を温めてから体操をしてください。

・動かして痛みがある場合や、違和感を感じましたら、速やかに中止してください。


体操はそれぞれ、5〜8回、

体操2と体操3は左右で順番に行って1セット!

これを2〜3セット行ってみてください。


+++ おススメの体操、1 +++

< 写真1 >


< 注意点! >

・体操時は、手のひらを返しながら行ってください。

・肩甲骨を寄せるように気を付けながら体操を行ってください。





< 動画1 >



+++ おススメの体操、2 +++

< 写真2 補助 >



< 写真2 >





< 注意点! >

・肩甲骨全体をストレッチするイメージで行ってください。





< 動画2 >



+++ おススメの体操、3 +++

< 写真3 >


< 注意点! >

・手のひらを上に向けて行ってください。

・胸の前を伸ばすように行ってください。





< 動画3 >



+++ Before After +++

私自身が体操を行った前と後、ビフォーアフターの写真です♪

体操は3種類で、それぞれ8回×2セットを行った後の写真となります。

<右>


<左>



赤い線を参考にしていただけると

左右とも体操前と、体操後で動かせる範囲が大きくなりました♪


別の動かし方でも・・・

<右>


<左>



こちらも赤い線を参考にしていただけると

左右とも体操前と、体操後で動かせる範囲が大きくなっております♪


※、大切なお知らせを、もう一つ!

下の写真をご覧ください。



コチラは体操後、左右を比較した写真です。

このような動きの左右差が気になる方、

当院では、この程度の左右差は正常の範囲内と考えております。


詳細は、次回の 「HP版 きしん通信」 でお伝えさせて頂きますが

体操をされる際、「左右で同じ動き!」という結果を求めすぎないよう、ご注意ください。



+++ 最後に・・・ +++

最初の注意点でもお話させて頂きましたが、

体操をしていただく際、一番大切なのは

お体の状態を悪化させない事だと考えております。

体操をされる際は充分にお気をつけください。


今回、ご紹介させていただきました体操を行っていただくことで

少しでもお悩みが解消し、お役に立てると幸いです。



+++ 追記として・・・ +++

腕が後ろへ動かず悩まれている皆様、

すべての皆様とは言えませんが

症状、状態によりましては、当院の施術がお役に立てる可能性もございます。


症状やお体の状態に合わせ、

当院での施術対応が可能かどうかまで含めまして

適切なアドバイスをさせて頂きますので

お気軽にご相談ください。