ぎっくり腰

ぎっくり腰:急性腰痛

コチラのページでは
「ぎっくり腰」について
「症状の解説」と「施術内容」を
お話させて頂きます!

症状解説

「ぎっくり腰」は「急性腰痛」の一部で
「急」に「腰」が
「痛くなった」状態です!

「急性腰痛」は
何かしらの腰の負荷に
腰の筋肉が耐えられなくて
怪我をしてしまった状態です。

何かしらの腰の負荷というのは
重すぎる物を持った時が
有名ではありますが…

「くしゃみ」や「せき」、
ふと、腰をかがめた瞬間などでも
元々、腰の状態が悪い方は
ぎっくり腰を発症してしまいます。

また、「ぎくっ!」という瞬間が
無かった方でも
長時間の不良姿勢により
炎症を伴う腰の痛みが発症してしまう場合もあり
この場合も「急性腰痛」となります。

「腰を動かさなくてもズキンズキン痛い」場合や
「少し動かすとズキンッ!と痛い」場合は
急性腰痛である可能性が高いです。

施術内容

「ぎっくり腰」になってしまった場合、
痛みを感じ始めてから、
どのくらい時間が経過しているかで施術内容が変わります。

前述のとおり、「ぎっくり腰」は「腰の怪我」です!

「腰の怪我」が治るまでには、
どうしても一定以上の時間が必要になりますが、
腰の怪我に対して
適切な対処が出来れば
痛みが軽減する可能性も高まりますし、
早く治る可能性が高くなります!

0.カルテのご記入

始めて当院をご利用の皆様には
簡単なカルテのご記入をお願いしております。

ただし、腰の痛みが強すぎて
カルテのご記入も辛い方には
施術後にカルテの記入をお願いしております。


※1、カルテのご記入時間は3分~5分程度です。
※2、カルテのご記入時間は施術時間に含まれません。

1. カウンセリング

「ぎっくり腰」の方へのカウンセリングは
炎症の具合に合わせて
臨機応変に対応させて頂いております。

炎症が強い方へは、
「少しでも楽になっていただく事!」を
最優先で対応させて頂きます!

炎症が弱い方や炎症の心配が少ない方へは
安心して施術をお受けいただけますよう、
またベストの施術をご提供できますよう
丁寧にカウンセリングをさせて頂きます。

2. 炎症の確認

「ぎっくり腰」による痛みには、
基本的に炎症が伴います。

その上で一番大切な事は
「炎症を悪化させない範囲で、
どの程度まで症状を改善できるか」です!

そのためにも、炎症の状況を正確に判断した上で
出来る範囲での症状改善を目指します!

3.炎症に合わせた施術!

<強い炎症期の施術>

「ぎっくり腰」発症から3日以内、
72時間以内の場合は強い炎症期である可能性が高いため
実際の炎症状態を確認しながら
痛みのある腰は、最低限の施術とします。

その上で、腰の可動域制限の原因となる
骨盤周辺、太もも周辺、股関節周辺の施術を中心とし
腰の可動域を改善する事で
腰への負担を減らします!

施術目標としましては
痛みの3割減を目指します。

痛みを数値に置き換えた場合
ご来院時の痛みが「10」だとすると
「7くらいまでは減ってきた!」という
状態を目指します。

この状態でも、痛みの軽減と
腰の動かしやすさを
体感していただける場合が多いです。


<弱い炎症期の施術>

「ぎっくり腰」発症から3日目以降、
1週間以内の場合は弱い炎症期である可能性が高いため
実際の炎症状態を確認しながら施術します。

この時期は充分に気を付ければ
炎症再発の可能性が低いため
ある程度までは腰も直接施術させて頂きます。

その上で、強い炎症期と同様に
腰の可動域制限の原因となる
骨盤周辺、太もも周辺、股関節周辺の施術を中心とし
腰の可動域を改善する事で
腰への負担を減らします!

施術目標としましては
痛みの5割減を目指します。

痛みを数値に置き換えた場合
ご来院時の痛みが「10」だとすると
「半分くらいまでは減ってきた!」という
状態を目指します。

この状態の場合、
痛みはモチロン残りますが
ある程度までの症状改善を
体感していただける場合が多いです。


<回復期の施術>

「ぎっくり腰」発症から1週間以上経過している場合は、
炎症が治まっている可能性が高くなりますので
炎症の残り具合を確認しながら施術します。

この時期でも腰の痛みが強い方は
腰の痛みが「炎症」から「強いコリ」に
置き換わっている方も多くいらっしゃいます。

しかしながら、
実は元々の腰の痛みが「急性腰痛」ではなく、
別の疾患であるかのうせいもありますので
その点に注意を払いながらの施術となります。

なお、別の疾患である可能性も低い場合は
「ぎっくり腰」」としての
特別な施術ではなく
通常の「腰痛」として
施術させて頂きます。

施術目標としましては
痛みの7~8割減を目指します。

痛みを数値に置き換えた場合
ご来院時の痛みが「10」だとすると
「だいぶ楽になった!」という
状態を目指します。

この状態の場合、
痛みが残る可能性もございますが
元々が強い痛みでしたので
一度の施術で無理をせず
残りの痛みは「自然治癒」に任せるか
1週間後に、改めてご来院頂く事を
お勧めさせて頂いております。

腰痛

4.ご説明!

「ぎっくり腰」の状況、
炎症の状況をお伝えした上で
「ぎっくり腰」改善までの、ご説明と
ご利用案内をさせて頂きます。

また、ご利用案内と同時に
「ぎっくり腰」の改善具合に合わせて
日常生活の注意点をご案内させて頂きます。

なお、基本的なご利用案内は
以下になります。


<強い炎症期のご利用案内>

2日続けて30分の短縮施術後、
1日開けて60分の施術

改善状況により1週間後のご来院を
お勧めさせて頂いております。


<弱い炎症期のご利用案内>

通常の60分施術

改善具合に合わせて
1~2日後のご来院案内と、
1週間後にご来院のご案内に分かれます。


<回復期のご利用案内>

通常の60分施術

改善状況により1週間後のご来院を
お勧めさせて頂いております。

お喜びの声:ぎっくり腰



関連コラム