住所:埼玉県吉川市平沼273   Tel:048-981-6516   営業:9:00~19:00   休日:日曜・祝日(金曜 16時まで) 予約状況 WEB予約 サイトマップ

猫背は息が苦しくなる?

猫背は息が苦しくなる?

結論から言いますと、猫背の方は呼吸が浅くなりますし
ひどい場合には、息苦しさも感じます。

呼吸が浅くなる理由!

呼吸が浅くなる理由は、肺が上手に膨らめないから!
(膨らむ=ふくらむ) (縮む=ちぢむ)

呼吸とは肺が膨らむことで息を吸い
肺が縮む事で息を吐きます。

猫背の方は息を吸うときに
肋骨が上手に広がらないため、
肺が膨らむスペースを確保できなくなり
呼吸が浅くなります。

体感してみませんか?

まずは背中を丸める姿勢!
椅子に腰かけ、背中を丸くし、
前で腕を組んでいる状態

 

続いて背中を反らせている姿勢。
椅子に腰かけ、背中を延ばし、
後ろで腕を組んでいる状態

無理のない範囲で
写真と同じような姿勢になっていただき、
大きく息を吸ってみて、
呼吸の違いを感じてみてください。

※、背中を延ばす際、
 腰を痛めないようにご注意ください!

背中が丸いとき、息が吸いにくく、
息が吐きやすければOKです。

背中が反っているときは、息が吸いやすく、
息が吐きにくければOKです。

体感できましたか?

如何でしょうか? 体感できましたでしょうか?
体感できましたら、この後のお話にも
説得力が生まれてくると思うのですが、、、

どちらの姿勢でも
正しい呼吸を行う事は難しいのです。

ただ、普段から背中を反らせて生活している方は見かけませんが
背中を丸くして、猫背姿勢の方はいらっしゃいます。

猫背姿勢を継続し
背中が丸くなってしまった場合は、
息が吸いにくいために呼吸が浅くなります。

また、普段から猫背の方は、
肋骨の関節も硬くなり、
肺が大きく膨らめないため
息苦しさを感じる場合もございます。

呼吸のお話

少々、専門的なお話をさせて頂きますと、
肺は自分の力で膨らんだり
縮んだりすることはできません。

以下にご紹介の二つの動きと連動して肺が動き、
その動きによって呼吸を行っております。

1、背骨、肋骨、胸骨で構成される胸郭が動くことで、
肺が膨らんだり縮んだりします。 ⇒ 胸式呼吸

2、内臓スペースと肺スペースの間にある横隔膜が動くことで、
肺が膨らんだり縮んだりします。 ⇒ 腹式呼吸

まとめ

猫背の方は、姿勢の影響により上手に呼吸を行えません。
結果として、呼吸が浅くなったり
息苦しさを感じる場合もございます。

息苦しさは不快だと思いますし、
呼吸の浅さは、お体に悪い影響が多く出ます。

お手軽な対策としては、気が付いたときに
背中を反らせて息を吸いこみ
背中を丸めて息を吐きだす!

こんな感じで、大きな深呼吸を気が付いたときに3回~5回行い
そのあと、姿勢に気を付けてみてください!

これで充分な対策となるかどうかは個人差が出てしまいますが
なにもしないよりは、した方が絶対に良いです!

無理のない範囲で結構ですので
気が付いたときに、試してみてくださいね♪

最後に・・・

整体にて浅い呼吸の改善をご希望の皆様!
当院は“猫背”や“胸郭の可動域”改善、
“浅い呼吸”改善の施術を得意としております♪

素敵な笑顔を取り戻していただけますよう
心を込めて施術をさせていただきますので
お気軽にご相談ください♪