住所:埼玉県吉川市平沼273   Tel:048-981-6516   営業:9:00~19:00   休日:日曜・祝日(金曜 16時まで) 予約状況 WEB予約 サイトマップ

猫背施術方針

『猫背』の施術方針

根本問題

猫背で悩まれている方は、良い姿勢をすること、
良い姿勢を続けることが難しいと思います。

なぜ、良い姿勢を続ける事が難しいのか・・・。
それは自分の力を使って、良い姿勢を作っているから!!

猫背の方は、猫背姿勢を続けることにより
その状態で筋肉や関節、そのほかの周辺組織が猫背の状態で固まっています。

その固まった背骨や肩甲骨周辺を
自分の力で伸ばすことで、良い姿勢を作ろうとする方が多くいらっしゃいます。
これは非常に疲れますし、長く続ける事も出来ません。

根本的な猫背の改善には、無理なく良い姿勢を作れるだけの
筋肉と関節の柔らかさが必要となります。

また猫背の方の場合、お体全体での歪みも多く
状態に合わせた全体的な矯正も大切となります。

筋肉への施術

肩周辺、肩甲骨周辺の筋肉はもちろんの事、
首周辺や、鎖骨周辺の筋肉もほぐしてまいります。

関節への施術

胸椎(背骨)、頸椎(首の骨)の矯正を行った上で
肩鎖関節と胸鎖関節の可動域を整え
関節の柔軟性を取り戻しながら、歪みの改善を目指します。

姿勢指導

ご自身の感覚での良い姿勢と、
整体師からみた良い姿勢の違いを一緒に確認し、
本来の良い姿勢を取り戻すための、指導をさせて頂きます。

日常生活の改善

日常生活に猫背姿勢を悪化させる原因が隠れている場合
根本的な改善を目指して、大きなストレスとならない範囲で
日常生活の改善に向けた、ご提案をさせて頂きます。

筋肉への施術

猫背の改善に向けまして、肩・首・鎖骨周辺の筋肉の状態を確かめて
柔軟性のバランスが整うように、筋肉をほぐしてまいります。

 

主な筋肉

< 肩 >

僧帽筋、菱形筋、棘上筋、棘下筋、肩甲挙筋など

すべて左右にございます。

 

< 首 >

僧帽筋、頸板状筋、頭板状筋、胸鎖乳突筋など

すべて左右にございます。

 

< 鎖骨 >

胸鎖乳突筋、広頚筋、小胸筋など

すべて左右にございます。

 

関節への施術

頸椎(首の骨)、胸椎(背骨)の矯正を行った上で
肩鎖関節と胸鎖関節の可動域を整え
関節の柔軟性を取り戻しながら、歪みの改善を目指します。

主な関節

頸椎、胸椎、肩鎖関節、胸鎖関節など

< 主な関節 >

< 関節について >

  • 頸椎 ⇒ 7個の骨、骨と骨の間は関節
  • 胸椎 ⇒ 12個の骨、骨と骨の間は関節
  • 肩鎖関節 ⇒ 肩甲骨と鎖骨をつなぐ関節
  • 胸鎖関節 ⇒ 胸骨と鎖骨をつなぐ関節
歪みの改善

筋肉と関節の柔軟性が改善しますと
ある程度、自然と歪みも改善されます。

その上で、まだ残っている歪みを
手技で整えてまいります。

姿勢指導

ご自身の感覚での良い姿勢と、
整体師からみた良い姿勢の違いを一緒に確認し、
本来の良い姿勢を取り戻すための、指導をさせて頂きます。

主なポイント

骨盤の閉じ方、骨盤の立て方、背中の伸ばし方
肩の開く位置と、頭の位置の意識の仕方
セルフチェックの仕方など

 

日常生活の改善

日常生活に猫背姿勢を悪化させる原因が隠れている場合
根本的な改善を目指して、大きなストレスとならない範囲で
日常生活の改善に向けた、ご提案をさせて頂きます。

0、体は疲れていませんか?

猫背改善の前準備として、お体の疲れ具合は如何でしょうか?
猫背の改善には、筋肉と関節の柔軟性も大切となります。
また、疲れが多いときや気分が落ち込んでいるとき、
背中が丸くなってしまうのは、人間として自然の摂理とも言えます。

体の疲れが溜まっている場合は、疲れをとることも大切になさってください。

1、睡眠時間の確保

体の疲れをとるために、必要最低限の睡眠時間が確保できていますか?

2、入浴してますか?

お風呂はシャワーで済ませず、湯船に入ってますか?

睡眠時間が確保できていて、長湯が嫌いではない方は
就寝時間の2時間前くらいに、ぬるめのお風呂に
20~30分程度入浴するのが理想的です。

3、運動、体操をしてますか?

猫背の姿勢を続ける事で、筋肉と関節は凝り固まります。
固めないためには動かすことが大切です。

睡眠時間が確保できていて、運動や体操が嫌いでない方は
無理のない範囲、怪我をしない範囲で体をうごかしましょう!

4、姿勢のクセを気を付けましょう!

猫背姿勢の方にご質問です。
良い姿勢の方は、常に良い姿勢でいられるように、気を付けてると思われますか?
答えは 『NO!』 だと思います。

もちろん気が付いたときに、
ご自身の姿勢を気にされている方は、いらっしゃるはずですが
常に意識することは不可能に近いです。

なぜ こんなお話をさせて頂いたかといいますと・・・
猫背姿勢の方の場合、2回・3回と施術をさせて頂いた際
「気が付くと猫背になっちゃって・・・」 と、気にされる方が多いから!

姿勢はクセです。 猫背姿勢も基本的にはクセとなっており、修正は簡単ではありません。
しかし修正できないわけではありません。

筋肉と関節の柔軟性を改善し、維持しながら
出来る範囲で気を付ける事でクセを修正していきましょう!

5、個別対応

生活スタイルとご希望に合わせて、できる限りのご提案を差し上げます。

 

最後に・・・

猫背姿勢は、日常生活のクセが大きく影響しております。
ですので猫背の改善には、日常生活の何かを変える必要性がございます。

そうは言いましても
「変えられる事」と「変えられない事」は個人差がございますので
問題のない範囲で、日常生活についてご質問の上、
「猫背姿勢」の軽減・改善・再発防止にむけた施術と
日常生活のご提案をさせて頂きます。

 

関連コラム

お喜びの声:猫背