住所:埼玉県吉川市平沼273   Tel:048-981-6516   営業:9:00~19:00   休日:日曜・祝日(金曜 16時まで) 予約状況 WEB予約 サイトマップ

ぎっくり腰施術方針

『ぎっくり腰』の施術方針

ぎっくり腰、直後

「ぎっくり腰=急性腰痛症」直後の痛みは、腰椎捻挫や
腰部の急性筋膜炎が原因と言われており、炎症によるもので
強い痛みが1週間くらい続いた後は、徐々に和らいでいくのが通常です。

炎症の強い時期は、痛む個所を冷やしながら
炎症が収まるのを待つしかありません。

しかしながら、整体の施術により炎症が早く収まる可能性もございますし
更には、多少楽に動けるようになる可能性もございます。

施術のポイント

炎症を悪化させない範囲で
仙腸関節の可動域改善を目指します。

仙腸関節の動きが改善しますと
歪みが改善し、楽に歩行できる可能性が高まります。

仙腸関節(せんちょうかんせつ)

仙腸関節(せんちょうかんせつ)

今後の対策と注意点

ぎっくり腰の発生直後から3日間くらいは特に強い炎症期ですので
RICE処置、特に「アイシング=冷やすこと」をお勧めしており
冷やし方と冷やす個所をお伝え致します。

また、今後のご来院についてもご相談させて頂きます。

1週間以上前の「ぎっくり腰」

1週間以上前に発生した「ぎっくり腰=急性腰痛症」の痛みに、ほとんど変化がない場合、
別疾患での痛みだった可能性と、筋肉の強い凝りによる痛みへ移行した可能性がございます。

別疾患の可能性が考えられる場合は、病院へ行かれることをお勧めいたします。
しかし別の疾患でない場合、当院の施術がきっとお役に立てると思います。

施術のポイント

炎症の残り具合を確かめながら、筋肉と関節の柔軟性を改善し
痛みの軽減、改善を目指します。

発生後、1週間以上経過した「ぎっくり腰」の施術ポイントは
通常の腰痛と大きな違いはございません。

施術ポイントとなる筋肉と関節につきましては
腰痛の施術方針をご参照ください。

『腰痛』施術方針

今後の対策と注意点

施術後、大幅に痛みが軽減している場合は
出来る限り、体を動かすことをお勧めしております。

痛みの軽減が少ない、あるいは変わらない場合は
病院へ行かれる事をお勧めしております。

 

日常生活の改善

ぎっくり腰がクセになっている方の場合、日常生活を変えていかないと
今後も繰り返してしまう可能性が高いです。

そこで根本的な改善を目指して、大きなストレスとならない範囲で
日常生活の改善に向けた、ご提案をさせて頂きます。

1、睡眠時間の確保

疲れが溜まって腰周辺が固くなり、ぎっくり腰が発生する場合もございます。
体の疲れをとるために、必要最低限の睡眠時間が確保できていますか?

2、入浴してますか?

お風呂はシャワーで済ませず、湯船に入ってますか?

睡眠時間が確保できていて、長湯が嫌いではない方は
就寝時間の2時間前くらいに、ぬるめのお風呂に
20~30分程度入浴するのが理想的です。

3、運動、体操をしてますか?

同じ姿勢を続ける事で、筋肉と関節は凝り固まります。
固めないためには動かすことが大切です。

睡眠時間が確保できていて、運動や体操が嫌いでない方は
無理のない範囲、怪我をしない範囲で体をうごかしましょう!

4、姿勢のクセを気を付けましょう!

同じ姿勢を続ける事で、筋肉と関節は凝り固まります。
悪い姿勢を続ければ、良い姿勢よりも短時間で体は固まります。

日常生活の悪い姿勢はクセになっている事も多いので
出来る範囲で気を付けていきましょう!

5、個別対応

生活スタイルとご希望に合わせて、できる限りのご提案を差し上げます。

 

最後に・・・

「ぎっくり腰」の原因が、普段しない事をして発生したものなのか
日常生活の影響で「ぎっくり腰」が発生しているのか・・・

日常生活の影響が大きい場合、日常生活の何かを変えなければ
ぎっくり腰がクセとなり、頻繁に発生してしまう可能性もございます。

日常生活の「変えられる事」と「変えられない事」は個人差がございますので
問題のない範囲で、日常生活についてご質問の上、
「ぎっくり腰」の再発防止にむけた施術と
日常生活のご提案をさせて頂きます。

 

関連コラム

 

お喜びの声:ぎっくり腰